【カップル必見】倦怠期を乗り越え長続きする極秘対処法を調べた!

投稿日:

大学生の君は今、、、、、リア充ですかい?
“リア充”とは
「リアルで充実している」
まあ遠回しに言っていますが、要は彼氏彼女がいる人のことをそう呼びます。

世の中は、まあリア充が蔓延っていますよね。笑

クリスマスではイチャイチャ過ごし、バレンタインではイチャイチャ過ごし、何か特別な行事がなくてもイチャイチャ過ごし……。

コンチクショウとSNSに逃げようとするも最近ではその空間でさえ、リア充が群雄割拠の時代。
インスタでみんなめっちゃ楽しそう、、、。

けれど!
ラブラブなカップル、仲良し夫婦の間でさえ、倦怠期は誰にでも起きます。
倦怠期を乗り越えられずに別れてしまうカップルも少なくありません。
あとで振り返って見ると
「ああ、なんであんな気持ちになってしまったのだろう」
と後悔している人を私は何人も見てきました。

そこで今回、理由から探り、超納得できる対処法を紹介していきたいと思います。
打倒、倦怠期!

そもそも倦怠期はなぜ起こるのか?

倦怠期は誰にも起こることです。
お互い好意を抱き、心が通じ合った時にお付き合いが始まります。
相手のことを好きなはずなのに、倦怠期が起こるのはどうしてなのでしょうか。

その原因はどこにあるのでしょう?
倦怠期がくる原因と言われているものに以下のようなものがあります。

  • 高揚した状態が過ぎ、慣れてしまった
  • 相手の嫌な部分が見えてきた
  • 一通り相手のことを知った

高揚した状態が過ぎ、慣れてしまった…

付き合い始めた頃は、何をしても新鮮で、また自分の気持ちも高ぶっていますから、どんなことでもドキドキしやすくなっている状態です。
しかし、その状態も長くは続きません。

一定期間を越えると、高揚した状態をすぎて元の自分の生活ペースや感情の状態に戻るもの!
そうなると、ドキドキしていた感情がなくなったように思えるために「前と違う」「なんだか退屈に思える」など、その状況に対して不安になりやすくなるのが原因の一つと考えられています。
恋人以外でも、どんなに好きなものでも慣れてしまうと同じ状況はやってきますよね!

 

相手の嫌な部分が見えてきた

付き合ってしばらく経つと、自分の気持ちも相手の気持ちも落ち着いてきます。
いわば素の状態が見えてくることになるので、当然相手の嫌なところも見えやすくなってきます。
そうすると、それまでは不快に感じなかった相手のことを不快に感じるようになり、倦怠期の原因となると言われています。

あまり相手のことを知らない状態で付き合う場合は、長年友人関係を築いて付き合う場合よりも倦怠期が訪れやすいと言われることがあります。
しかし、それは相手の嫌な部分が見えていなかったからとも言えそうですね。

 

一通り相手のことを知った

長く付き合って相手のことを知っていくと、やはり新鮮味は失われるもの。
そうして倦怠期が訪れることもあるようです。
マンネリ化とも言いますが、考え方の傾向や価値観、休日の過ごし方って人それぞれですよね。
ですが、その人が選びそうなことがわかることによって、自分で自動的に予期してしまい、退屈さを感じるということもあるようです。

カップルの試練!倦怠期を乗り越えるには!?

カップルにとって倦怠期は別れの危機を迎えるのと同じくらい嫌なものです!
婚約まで至っていない場合は責任がないため、いつ別れても不思議はありません。
もちろん長く付き合えば付き合うだけ情があるので、別れを選択するのは辛いでしょう。
でも、倦怠期により相手を気遣う気持ちが薄れてしまっていた場合は、あっけなく別れてしまうものだと言えますね。

倦怠期により別れた後、後悔する方が多いようです。
付き合っていた時はケンカばかりだったし、別れることを選択したのは自分たちのはず。
けれど、別れた後に「何で別れてしまったのだろう」と後悔するのは、本当は相手の事が大好きだったからではないでしょうか?

倦怠期は本来の相手に対する気持ちまでおかしくしてしまう傾向があります。
相手の長所、好きだった部分、一緒にいて楽しいという気持ちを真逆のものにしてしまうようです。
倦怠期を迎えたカップルは、すぐに別れの決断をせずに、冷静になって自分の気持ちをよく考えることが大切です。
別れた後にその気持ちに気づいても遅かったなんて事にならないようにしましょう!

倦怠期を乗り越える5つの方法[彼女編]

①距離を置く

倦怠期の原因は、相手との距離が近すぎることが原因かもしれません!
距離が近いと、緊張感が薄れることにもつながります。
家族と一緒にいるときには服装やメイクに気を使ったりしませんよね。

それと同じで、相手との距離が近くなって家族のような感覚になることで気を遣わなくなりすぎて、倦怠期に入ることも考えられます!
別れるのではなく、一度距離を置いてみると相手の大切さを改めて認識することができます。
会いたくなった、もしくは声が聞きたくなった、その時は我慢せずに連絡したり会ったりするようにするのもいいかもしれません!

②髪型やメイクを変えてみる

付き合い始めた当初はメイクや髪型に気を使っていたのに、いつの間にかいつも同じメイク、同じ髪型になっていませんか?
自分に対して気を使っていないな、というのは相手もわかるもの。
いつもと同じ髪型やメイクだと彼も見飽きてしまいます。
最近ちょっとマンネリ気味と感じたら、髪型やメイクを変えてイメチェンしてみると良いと思います!

③友人と会う機会を増やす

友人と会い、話をすることで気持ちを落ち着かせることができるでしょう。
自分が思っていることを聞いてもらえるだけでもスッキリしますし、話すことによって自分が何を思っているのか再確認することもできますね。
知らず知らずのうちにストレスが溜まっていたり、言いたいことを我慢していたりするかもしれません。

女性は特に、共感されることで安心するという性質があるようです。
友達と会って話を聞いてもらったり、相手の話を聞いて共感することで、心が楽になった経験は誰しも持っているのではないでしょうか。
同じような体験をしている友人がオススメです!

④相手を褒める

お互いの嫌な部分ばかりが目につくのが倦怠期ですが、どうにか脱出したいと考えているなら、相手の良いところをもう一度思い返し、褒めてみると良いでしょう。
見慣れていたと思っていた相手でも、知らない一面を見つけてしまうかもしれませんよ?

人は否定されたり、けなされるよりも、褒められるほうが幸せを感じるもの。
もしも日頃の口癖が相手を責めたり否定したりするようなものになっていたとしたら、意識してその口癖や考え癖を変えてみるのも一つの方法ですね!!

⑤スキンシップをとる

倦怠期のカップルはどうしてもスキンシップが足りません。
愛情はあるのに、気持ち的に相手にやさしくなれない時、スキンシップをとる事で倦怠期を乗り越えられるようです!

-学生生活

logo新着記事NEW!

もっと見る

logo人気記事

logoカテゴリー