上京した大学生必見!〜浅草、東京スカイツリーのデートコース〜

投稿日:2017-10-16 更新日:

執筆者:

こんにちは!北の大地、北海道から上京してきて2年目になるkentaroです!

上京してきてすぐの時期は「東京って遊ぶところがいっぱいありすぎてどこに行けばいいのかわからない!」状態で「まずは観光名所に行ってみよう!」と毎日が観光客気分でした。

そんな中、僕にも青い春がやってきました。「気になる子をデートに誘いたい!」と思いながらも、観光客気分の僕には、いざデートに誘っても女の子をリードできる自信がなかったのでなかなか気になる子を子をデートに誘うことができませんでした。

でも、「気になる子をデートでリードしたい!」という気持ちが強かったので僕は必死になり、そこからネットでデートスポットを検索するす日々が続きました。
しかし、デートスポットが分かったとしても土地勘はないし、どこから行って良いのかもわからず、計画は全く進みませんでした。

地方から上京してきた大学生は同じ悩みを抱えている人が多いと思います。
上京したての頃に気になる人に出会ってデートに誘えない!なんて、僕と同じような体験をしてほしくありません!

もし、自分がその街に詳しくて、女の子を案内し楽しませることができたら絶対に自信がつきますよね!
そんな大学生に、その街に行って実際に調べ、得た「デートスポット」ではなく、
「デートコース」を紹介したいと思います!

さて、初回は「浅草、東京スカイツリーのデートコース」を紹介します。浅草では実際に足を運んで調べただけではなく、浅草に大変詳しい「人力車のお兄さん」にお金を払ってデートコースを案内してもらいました!

基本データ

  • 場所:浅草、東京スカイツリー
  • 季節:オールシーズン
  • 天候:晴れのほうが好ましい
  • 対象:大学生全学年
  • 集合&解散:浅草駅
  • 予算:割り勘なら3000円〜8000円(全額奢るなら6000円〜16000円)
  • メイン:食べ歩き、参拝、景色
  • コース:浅草→ソラマチ→すみだ水族館→東京スカイツリー→浅草
  • 所要時間:浅草(3時間)、ソラマチ(3時間)、すみだ水族館(2時間)、スカイツリー(2時間)、浅草(30分)

浅草編

浅草は全国的に有名な観光地ですよね。風流な町並みで食べ歩きもできる、そんな浅草でデートをする大学生は多いと思います。
しかし、ほとんどの人が「雷門」を通り、「仲見世通り」を通過して「浅草寺」へと進んでいくのです。

事実、「仲見世通り」にあるのはほとんどがお土産屋さんで、隠されたデートスポットはその横にあるのです!
僕も前までは「仲見世通り」こそが正義だと思っていました。

依然浅草に行った際に、「7000円のお金を詰めば、とっておきのデートスポットを教えてくれる」と言われたので即決で情報を買ってしまいました笑
7000円を支払い、教えてもらったデートコースは僕の想像を遥かに超えたものでした!

たくさんの場所を紹介したいので、もしここは行かなくてもいいやと思った時は省いてしまってかまわないです!

集合

東京メトロ銀座線、東武スカイツリーライン、都営地下鉄浅草線「浅草駅」

集合は相手の家からの距離も考えて、1日遊ぶとしても、午前10時〜11時位にしておくと良いと思います。時間は基本的に相手と相談して決めるのがベストです!
ここで大事なのが「下見の時間」です。デートでは年齢差関係なく、男性が女性をリードするのが基本なので「道に迷う」ことは少し恥ずかしいですよね。

しっかりと本番でリードできるように集合時間の30分前くらいには到着し、周辺を歩くことをオススメします。朝が苦手という人は事前に足を運んでおけば問題はないと思います!

浅草マップ

先ほども言いましたが、「仲見世通り」にはお土産屋が多く、人通りも多いのであまり通ることを勧めません。

ここが重要なポイントになってきますが、この「仲見世通り」をはさんで左側が「昭和の町並み」
右側が「江戸の町並み」となっています!
左側の「昭和の町並み」には浅草演芸ホールや浅草花やしきなどがあります。

歩くだけでも十分楽しいのですが、「昭和の町並み」には食べ歩きスポットがたくさんあります。1500円あれば満足に食べ歩きを楽しむことができます!

では食べ歩きにオススメなお店を5つ紹介します!!

浅草食べ歩きスポット

浅草メンチ

伝法院通りにある「浅草メンチ」
メニューはメンチカツのみで、多い時は1日で4000個も売れるそうです。
噛んだ瞬間、肉汁が口の中で溢れ出し、旨味がこみ上げてきます。

甘みもあるので、ソースを付けず、そのままで食べることをオススメします!

カレーパン 豊福


出典:http://ure.pia.co.jp/articles/gallery/44377?img=55efa3cdabee7b0572000005

「浅草メンチ」の隣りにあるカレーパンのお店「豊福」
豊福はテレビや雑誌によく取り上げられていて、メディアでよく見る方も多いかもしれません。
このお店のイチオシは何と言っても
「黒毛和牛カレーパン」です。

ルーを8時間以上煮込んでおり、濃厚な味わいでとてもおいしく、
外は衣でサクサクしています。

浅草きびだんご あづま


出典:http://www.asakusa-nakamise.jp/store/

こちらは仲見世通りにある「きびだんご」のお店です。
江戸時代にはよく、きびだんごが食べられていたそうで、それを再現しています。

きびだんごは5本で330円です。
素朴なきなこの味がして、
食感はもちもちです。
甘すぎないので1人で5本食べられます!

浅草花月堂


出典:https://twitter.com/kagetudou_meron

とても大きい「ジャンボメロンパン」
外はサクサクで、中はふんわりの1度食べるとやみつきになってしまうメロンパンです!!
焼き立てを食べると、
それはとても美味しいです!

夏にはジャンボアイスメロンパンという限定メニューも販売されています。

近くに浅草花月堂によく似たメロンパンを作っているお店もあります。
なので、間違えずに確認してから購入することをおすすめします。

セキネ


出典:http://hikosaku903.blog.fc2.com/blog-entry-147.html

セキネは創業80年の歴史を持つ肉まんとシューマイの専門店です。
シンプルな肉まんですが、とても美味しいです。

一口噛むと、肉汁が口の中でジュワ~っと広がる、肉の旨味が詰まった肉まんです。
シューマイもしっかりと味がついているので、何もつけずに食べるのをオススメします!

「昭和の町並み」には美味しいお店がたくさんあります!
紹介したお店以外にもお店はたくさんあるので、歩きながら二人で目についたものを食しても良いのではないでしょうか。

食べ歩きでお腹も満たされたところで、次は風流な「江戸の町並み」に行きましょう!

江戸の町並み

仲見世通りの右側は江戸の町並みになっています。
浅草マップに書いている通り、伝法院通りを通ると下の写真のような人形があります。

この人形の正体は、「白浪五人男」という5人組の大泥棒で、今で言う「ゴレンジャー」の由来にもなっており、5人の中に1人女形(ゴレンジャーのピンク)も存在しています。

このように各建物の屋根や窓に5人いるので二人で探してみても面白いかもしれません。

べんがら


出典:http://www.bengara.com/shop/

伝法院通りには、「べんがら」というのれん専門店があります。このお店はEXILEやAKBにものれんを作っているそうです。

のれんは飲食店などによくありますよね。
今で言えば「食べログ」などで、どのお店が人気かどうかすぐわかりますが、昔はどのようにして判別していたのでしょうか。
それは、この「のれん」で判別していたのだそうです。
昔はのれんがお手拭き代わりにも使われていたので、のれんが汚いほどお客さんが出入りしているということなので、売れているお店となるそうです。

また、この写真、「春、夏、冬」と「秋」が抜けていますが、これは「秋なし」と飽きが来ないという意味の「飽きなし」がかかっているのだそうです。

このような豆知識も語ると、面白いかもしれませんね。

弁天堂


出典:http://www.senso-ji.jp/guide/guide15.html

赤で丸をつけている建物は「弁天堂」という建物です。

ここは金運と芸事にご利益があるといわれています。
弁天堂でお祈りをする際に気をつけてほしいことが1つあります。

基本的に2人で横に並んでお祈りをすると思うのですが、弁天堂では絶対に横並びに並んではいけません。

ここに祀られている神様は美しい女性だったのですが、悲しいかな
一生独身だったために、二人で横並びでお祈りすると嫉妬をしてしまうのだそうです。
なので、お祈りをする時は1人ずつ行うようにしましょう。

弁天堂の中に「時の鐘」という建物があります。これは昔、時計がない時代に太陽の動きで住職さんが鐘を鳴らし、時間を知らせていました。

では、太陽の出ない雨や曇りの日にはどうやって時間を知らせていたのでしょうか。
しかし、これが意外にも正しい時間を知らせていたのだそうです。

どうやって知らせていたのかというと、住職さんの「お腹の空き具合」なんだそうです。
住職さんは毎日規則正しい生活をしていて、毎日同じ時間にごはんを食べていたから正確に鐘を鳴らせていたのだそうです。なかなか面白いですよね。

ちなみに、ここの「時の鐘」は初回の「除夜の鐘」の会場でもあります。

マップの通り、仲見世通りを真っ直ぐに歩くと本堂があります。
先ほども伝えた通り、「浅草といえば」のスポットで、観光客も多いと思います。
ここではお祈りができたり、おみくじが引けたりします。

事前にお祈りする際のマナーなど確認しておくことをすすめます。


出典:https://matcha-jp.com/jp/966?page=2

本堂の前には写真のように煙が出ている香炉があります。
よく見てみると、煙を体に当てている人がたくさんいます。

この煙をかけると「体の悪いところが治る」と言われています。
中には、頭を良くするために頭に直接この煙をかける人もいるそうですね。

隅田公園

右側の江戸の町並みを隅田川沿いに歩くと隅田公園があり、その向こうには
「東京スカイツリー」が見えます。

ここからの景色は最高で、座る場所もあるので夜なんかはロマンチックかもしれないですね。スカイツリーが綺麗に撮影できる写真スポットがあり、「隅田公園休憩所」付近でスカイツリーの写真を撮ると、かなり綺麗に見えるそうです。

公園内にはカフェも2つあるので綺麗な景色を見ながら休憩もなかなか良いものですね。

隅田公園を道なりに歩いていくと写真のような建物が見えます。
写真のビルはアサヒビールの建物で、天気次第で見え方は違いますが「ビール」のように見えます。このビルの隣に、上に何かついているオブジェが見えますね。
この何かとはオリンピックの「聖歌の炎」です。聖歌の炎なら上に3つつけた方が炎っぽく見えると思うのですが、なぜ1つしかついていないのでしょう。

諸説ありますが答えは、日本は地震が多い国なので、耐久性を考えて1つなのだそうです。

ここまでで、一旦「浅草」は終了です!次は「東京スカイツリー」に向かいます。

浅草での食べ歩きでお腹がいっぱいであれば次の食事はスカイツリーで取っても良いと思いますし、
もしお腹が空いたら、浅草は美味しくて安いお店が多いのでランチを食べても良いと思います!

ここから「東京スカイツリー」に向かいますが、浅草からスカイツリーまでは「東武スカイツリーライン」で1駅なので、電車で行ってしまいましょう。
距離で言うと1,4kmあり、歩くことも可能ですが、女の子はヒールを履いてきているかもしれません。20分弱かけて歩くよりは、手短に電車で行くことをオススメします!

-学生生活

北の大地、北海道出身の大学2年生です。趣味は野球とお笑いで暇があれば球場や劇場に足を運んでいます。テレビやラジオも大好きで、将来はテレビやラジオに関わる仕事に就きたいと思っています。宜しくお願いします。

logo新着記事NEW!

もっと見る

logo人気記事

logoカテゴリー